2018年1月16日火曜日

掛塚灯台

登場話 コミック5巻 第25話

天竜川河口の航海を見守る灯台


リンが散歩中に見つけた灯台は、『掛塚灯台』と思われます。キャンプ地の「竜洋海洋公園オートキャンプ場」から歩いて行くことができ、同じ形状となっています。
天気に恵まれリンは、なでしこの言うとおり(小さいけど)富士山を見ることができます。こちらの灯台は、明治期に建てられ100年あまり浜辺にありましたが、老朽化が進み、現在値へ移築されたそうです。
灯台の形に雰囲気があってかわいらしいですね。ただ、出入り口が高い所にあり、ハシゴを使わなければならないので、高所恐怖症の私は登れそうにありません。 ※ 内部は非公開となっており、見学することはできませんが…
ちなみに同じ話で、もう一つ灯台が登場します。


掛塚灯台
〒438-0233
静岡県磐田市駒場
TEL: 0538-37-4806(建設部都市計画課 公園緑地グループ)
http://kanko-iwata.jp/tanoshimu/tanoshimu-362/

ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月15日月曜日

御前埼灯台

登場話 コミック5巻 第25話

静岡県最南端、御前崎市のシンボル



海なし県民のリンが景色を堪能した場所は、『御前埼灯台』と思われます。建物の形が作中とまったく同じなのでこちらと考えました。
海がある県民でもやっぱり海の眺めはいいものですよね。ぐるぐる廻るらせん階段があり、天気が良ければ、伊豆半島、富士山、南アルプス、遠州灘が見えるそうです。リンは、コンクリートに犬の足跡を見つけるのですが、もし行かれる方は本当にあるか探してみるのも楽しそうですね。
ちなみに同じ話で、もう一つ灯台が登場します。


御前埼灯台
〒437-1621
静岡県御前崎市御前崎1581番地
TEL: 0548-63-2550
http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shokan/kanko/kanko/map/todai.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月10日水曜日

気賀駅

登場話 コミック5巻 第27話

気賀駅本屋、上屋及びプラットホームが国の登録有形文化財に登録されました。


なでしこが電車に乗った駅は、天浜線(天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線)の『気賀駅』と思われます。プラットホームの形状や乗車前に立ち寄った最寄りの大判焼店からこちらの駅と予想しました。 作中では電車に乗るシーンにだけ登場した駅ですが、「姫様道中」といったイベントや「気賀関所」「細江神社」「長楽寺」といった観光スポットがあるため、多くの観光客が訪れるそうです。(個人的には、「三方原男爵芋のポテトチップス」が食べてみたいです。)


気賀駅
〒431-1305
浜松市北区細江町気賀429-1
TEL: 053-925-2276(天竜浜名湖鉄道営業課)
https://www.tenhama.co.jp/about/station/kiga/

ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月8日月曜日

舞阪表浜公園、浜名大橋

登場話 コミック5巻 第26話

舞阪漁港のほとりの運動公園



リンがキャンプ地を押さえてから海を見に行った場所は『舞阪表浜公園』と思われます。作中で利用した「浜松市舞阪表浜駐車場」の最寄りで砂浜があるため、この場所と考えました。

こちらの公園、『浜名大橋』をのぞむ景色がキレイで、子供広場やソフトボール場があり、夏には児童プールが無料で開放されるそうです。リンはこの浜で一日 本を読んだようですが、風の強い日だと砂まみれになっちゃいそうですね。また、リンのイスは砂浜だとだんだん沈むようです。

舞阪表浜公園
〒431-0211
浜松市西区舞阪町舞阪
TEL: 053-596-1894
FAX: 053-596-1910
http://www.yuto-park.jp/maisaka/

ブログランキング・にほんブログ村へ

浜名湖佐久米駅、かとれあ

登場話 コミック5巻 第27話

浜名湖の湖畔にある駅です。



リンとなでしこが待ち合わせをした駅は、名前もそのままなので『浜名湖佐久米駅』となります。こちらの駅にはコーヒーだけでなくカレーや軽食、定食も楽しめる軽食喫茶店『かとれあ』が併設されていますが、作中では「かとまんず」となっています。

毎年11月から3月にかけて作中同様、ユリカモメがたくさんやってくるそうです。実際に”かもめの駅長”さんがエサをあげているようですね。(たしかに鳥もかわええ…)また、駅舎前には牛をデフォルメしたユニークな形をしたトイレがあるそうなので、訪れる方は合わせていかがでしょうか?

この後、二人は近くのうなぎ屋さんに行くのです。


浜名湖佐久米駅
〒431-1401
浜松市北区三ヶ日町佐久米725-9
TEL: 053-925-2276(天竜浜名湖鉄道営業課)
https://www.tenhama.co.jp/about/station/sakume/

ブログランキング・にほんブログ村へ

日清 カップヌードルカレー

登場話 コミック1巻 第1話

具材充実! カップヌードルカレー



第1話でなでしこがリンに1500円(ウソ)でもらったカレーメンは、『日清 カップヌードルカレー』であって欲しいです。(願望)カップの形とアニメでのカラーリング、コミックでは題目が「ふじさんとカップラーメン」だったことから、定番のこちらをあげさせてもらいました。

ハラヘリと寒さの中食べたら最高においしいでしょうね。お湯さえ沸かせば食べられるので、お手軽キャンプで重宝します。アニメ化で飯テロの効果抜群なので、日清さんコラボレーションしてくれないかなあ…

湯のびしにくく、しなやかでコシとつるみのある麺に、野菜の甘味のあるマイルドでとろみのあるカレースープが売りの商品となるそうです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月7日日曜日

春華堂 うなぎパイナッツ入り

登場話 コミック5巻 第28話

アーモンドをふんだんに使った、ひと味違う、うなぎパイです。



なでしこのために綾ちゃんが買ってきてくれたお菓子は、浜松でおなじみの『春華堂 うなぎパイナッツ入り』となります。場所と見た目から間違いないと思います。(うなぎパイナッツ入りのページはこちら

あいも変わらず、なでしこはさくさくとおいしそうに食べます。ちなみに、パッケージに「夜のお菓子」とありますが、家族団らんのひとときに召し上がってもらいたいという意味だそうです。

「へやキャン△」では、工場見学のエピソードもありましたし、浜松ではド定番なんでしょうね。


↑ ナッツ入りではありませんが、作中と同じお徳用となります。

ブログランキング・にほんブログ村へ